2016年は95冊本を読みましたー 123冊本を買いましたー

2016年は95冊本を読みましたー

2016年は123冊本を買いましたー

どんな本を読んだのか、買ったのかは以下Githubにまとめてますので、興味ある人は見てください。

ブクログで自分が付けた評価もついてるので、私を100%信じている信者の方々はそれを参考に。

github.com

覚えている範囲でこれは読んで良かったなーと思ったものを少し紹介。

ジャンル分けが難しいので、勝手にジャンル名つけました?

技術書

マイクロサービスアーキテクチャ

マイクロサービスアーキテクチャ

マイクロサービスアーキテクチャ

これ読んでサービスアーキテクチャの考え方がすごく広がった。

サーバだけのアーキテクチャだけでなく、クライアント視点のことも書いてあるのですごくよい本だよ。

黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書

黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書

黒帯エンジニアが教えるプロの技術 Android開発の教科書

久々に出会ったAndroidで良い本でした。

今年も良い本が出ることを期待してます!(俺は書かんぞ!

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)

色々伸び悩んでる時期に読むと良い。

自分も伸び悩み時期に読んで色々考えさせられる一冊だった。

習慣変えてガンガンやっていこうぜ!系

決める

決める

決める

やりたいことあるけど実行に移せない人はこれを読むと良さそう。

スケジューリング大事!ってことがすごく学べる。

生産性

生産性

生産性

上の「決める」の後に読んだのが良かった。

「決める」の内容にさらに上乗せで生産性・習慣というテーマについて考え方を変えられる。

チームをどううまく動かすか考えちゃう? 系

MOVE YOUR BUS

ムーブ ユア バス

ムーブ ユア バス

どんな会社やチームでもこういう構成だよなー、じゃその構成でどううまく動くのかのヒントになる一冊だね。

デッドライン

デッドライン

デッドライン

再度読み直したけど、やっぱりトム・デマルコ本は素晴らしい。

採用基準

採用基準

採用基準

採用に関わることもあるので、そういった時に自分たちがどんな人達をほしいのか、採用したらいいのか、基準を決めるヒントになる一冊だね。

小説

アイの物語

アイの物語 (角川文庫)

アイの物語 (角川文庫)

未来SF感あってすごく良かった。

その他

なるほどデザイン

なるほどデザイン

なるほどデザイン

とにかく理解しやすかったの一言しかねー。

まとめ

去年も色んな本にお世話になりました。

今年も色んな本にお世話になります。