読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心に戻って考える - DroidKaigiの登壇者として、発表までの過程をつらつら書いていこうと思う #droidkaigi

Android DroidKaigi

DroidKaigiやりますよ!

毎回これは書いていこう。

DroidKaigiは、AndroidDeveloper向けのカンファレンスです。

「Andorid学ぶ君へ。生き抜くためのナレッジ共有」というテーマで登壇させていただきます。

初心者セッションにあたり

前回の記事でも書きましたが、セッションの対象者はメインが初心者ということになっています。

でも、どんなことを話したらいいのか迷うところですね。

どこから話せばいいのか。25分で何が話せるのか。

Activityがどうとか、Fragmentがどうとか話している時間はまずないので、そういった実装の話は詳しくできないし、しないつもり。

私が話すよりも、それ用にしっかりしたものが用意されているので、それを見ていただく方が絶対にいい。

例えば、mixiさんが出している「AndroidTraining」とかがオススメ。これをひと通り読むことで、ある程度の知識はつく。

github.com

じゃAndroidTrainingには載ってないことで、開発をする上で必要になってくるものはなにか?

初心に戻る

まあ考えても仕方ないので、自身が初心に戻ってみるのが早いのかな。

ということで、近々iOSの開発かWebの開発を学んでみようと思う。

Webに関してはちょっと知識があるのであれなのだが、iOSは全く知らない。

Androidの開発経験があるものの、やっぱり全体的に見ればわからないことばかりだし、初歩からやらないとわからない。

そうやって初心に戻って、最初何が必要だった?/こんな情報が欲しい / 学んだことを応用するためには?レベルアップ的な話 とか、色々思うことがあると思う。

その経験を発表の構成に反映することで、的外れな話をしてしまわないようにしたい。

時間はあまりないんだけどね。

初心者であることを忘れない

偉そうに初心に戻るとか言っているが、私もまだまだ初心者であることを忘れてはいけない。

そこを忘れてしまうと、多分全く面白くもない話になってしまうし、役にも立たない。

ナレッジ共有を目的としたセッションでもあるため、これは思いつきだが、私の抱えている課題なども紹介してみるといいのかもしれない。

私が抱えている課題の解決策をセッションを聞いていただける方々が知っているかもしれない。

私が学んだことだけでなく、課題も共に話すことが共有であるのかなーと思う。

なので、そんな感じの要素も色々取り込んで構成を考えたいと思ってる。