読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android Wear 勉強会 #1 行ってきた!#AndroidWear

Android Wear 勉強会 Android


【投稿者:okano】

3/27(木)にAndroid Wear 勉強会 #1に行ってきました!
Android Wearが発表されてからまだ数週間しかたっていませんが、早くも勉強会が行われました!
さすがフットワーク軽いAndroid業界!
当日は、約250人くらいは参加していたと思います。

当日撮った写真をPicasaにアップしてます!
https://plus.google.com/photos/106703221921462957229/albums/5995495469042634913?banner=pwa

当日のつぶやきを@kinnekoさんがTogetterにまとめてくれてるみたいです!
ありがとうございます!
http://togetter.com/li/647676

Android Wear

Android Wear公式サイト
http://www.android.com/wear/

Android Wearの動画
https://www.youtube.com/watch?v=QrqZl2QIz0c

Android Wear Developer Preview公式サイト
http://developer.android.com/wear/index.html


講演資料まとめ

以下、講演資料のまとめです。資料等が上がっていない講演もあります。
個々の講演ごとに、簡単な感想もつけていきます。

Android Wearのインパクトとこれから 塚本昌彦 教授(@tuka000)



こちらは資料が公開されていませんので、写真だけで!

塚本教授のお話は、ABCで聞けなかったので楽しみにしてました!
右腕にスマートウォッチ3つも装備してることが非常に驚きました。

ウォッチ型のウェアラブルデバイスの利点や欠点をわかりやすく説明していただきました。
Android Wearの入力・操作方法として、音声による操作がメインとなる可能性を感じました。
手を使っての操作は、ウォッチの画面を遮ってしまうおそれが非常に高いという問題があることを指摘していました。

あと、通信方法についてのお話もしてました。BluetoothWifi、光、音、振動などなど。
ウェアラブルデバイス同士が通信する方法は、色々面白そうです!


Android Wearの概要とポテンシャル (@kojira)



こちらも資料が公開されていませんので、写真だけで!

Android Wearの概要を開発者視点とユーザ視点で、わかりやすくまとめて説明していただきました。
またNexus5と比較してaudio関連のファイルが多くなっていることなど、色々調べた結果をお話していました。
audio関連のファイルが増えている理由として、通知する際の音などが重要になるためみたいです。

最後は、Android Wearのエミュレーターでデモを行ってくれました。
デモ中のFacebook通知がとても面白かったです!
あの通知を見ると、やっぱりユーザが欲しい時に必要な通知だけを見れるようにしないといけないと思いました。
ある意味そこのデモにもなったのでは(^_^;)


ANCSとAndroid Wear徹底比較 (@gclue_akira)





ANCS(Apple Notification Center Service)とAndroid Wearを、主に通信・通知・データのやりとりの観点から比較したお話をしていただきました。

ANCSの通信方法として、BLEが使用されているみたいです。
Android Wearもまだ規定はしていないが、BluetoothまたはBLEで通信が行われる可能性が高いみたいです。
他のウォッチデバイスでも、Bluetoothでの通信が基本みたいです。

Android Wearは、コンセプト的なことは公開されています。
しかし、ハードウェアの仕様がまだ具体的には公開されていないのがなんとも言えないところです。

Beaconを使用したアプリケーションの開発経験がある自分には、もう一度聞きたいお話でした。
BLE流行の波に乗り遅れないようにしたいです!


Pebble vs Sony SmartWatch vs Tizen Wearable vs Android Wear (@sys1yagi)





苦しみながら触った代表的なスマートウォッチの説明をしていただきました。
Tizen Wearable SDKは泣きながら触ったみたいです…。
説明があった代表的なスマートウォッチは以下の4つです。
各スマートウォッチの開発環境などの解説がとてもわかりやすくて参考になりました。
また、どのスマートウォッチも端末との通信方法としてBluetoothを利用している点も参考になりました。
Android Wearはまだそこら辺のことは詳しく公開されていませんが、多分Bluetoothでの通信になると予想されます。

個人的には、Sony SmartWatchがちょっと欲しくなりました!開発環境がほぼAndroidな点が魅力!
とりあえずはMoto 360が出るまで、スマートウォッチ系は様子見ます!


WearのUIガイドライン解説と円型画面UXのポイント(@yukio_andoh)






デザイン観点でのお話をしていただきました。
会場では、デザイナーの参加者が0名…。まさかの出来事でした。
デザイナーさんもAndroid Wearに興味持って欲しいですね!丸UIのデザイン考えて欲しい!

Android Wear のデザイン原則の翻訳も行っていただけているようです!とても助かります!
http://www.andoh.org/2014/03/design-principles-of-android-wear.html

スマートウォッチなど限られたスペースでのUIは、glancability (一目で容易に 理解できる)が大切!というお話が非常に参考になりました。
スマートウォッチは、時計の概念を受け継いでいるので、チラッと見るだけで理解できる情報が大切になるわけです。
じっと見つめないと時間がわからない時計とか嫌ですよねー。そう思わせないための工夫がデザイン的にも必要になってくる。

また、時計は便利だけでなく好みの問題もあるというお話もされてました。
持っている人は、時計って複数持ってますもんね。塚本教授は、スマートウォッチ3つ装備してますし!


Wearアプリ開発経験談【Android Wearの基本】(@korodroid)






セカイフォンを使ったAndroid Wear対応アプリのデモなどを紹介していただきました。
Android Wear開発のTipsがとても参考になりました!

iPhone/Android 「通知機能」プログラミング徹底ガイド」という本を出されているみたいです!
興味のある方はぜひ!Android Wearは通知が大切ですからね!
http://goo.gl/rl0uce
Android Wearの説明は書かれておりません!


Android Wearの王道的な使い方(@amyu_san)






LT枠でAndroid Wearを面白そうな視点から見た発表していただきました。
会場からツッコミや笑いが起こってました!さすがLT枠!
近日「iBeaconをトリガーにWearにNotificationを」という面白そうなことをしていただけるみたいです!
とても楽しみです!

また、@amyu_sanさんのブログで自分が撮った写真を使ってもらいました!
適当に撮った写真を使ってもらえるなんて光栄ですね。
@amyu_sanさんが書いたAndroid Wear勉強会の記事は以下のURLです。
http://amyu.hatenadiary.com/entry/2014/03/28/014435


個人的まとめ

Android Wearはまだまだ発表されたばかりなのに、こんな人気があるのはびっくりでした。
自分はAndroid開発者なのでもっと盛り上がってほしいと思ってます。
また、ウェアラブルデバイスがもっと色んなところから出てくることも期待してます。
モノのインターネットが当たり前になった現代において、ウェアラブルデバイス業界はかなり加速すると思います。

気になっていることは、Android WearにNFC搭載してくれるかな?とかセキュリティ面どうかな?とかなんか夢のないことばなり気にしてます。
これからは、夢のある視点でウェアラブルデバイスの動きを見ていきたいと思います!

今年のGoogle I/Oがとても楽しみです!